野球少年には絶対見逃すことのできないアニメでした

私がまだ小学生の野球少年だったころに放送が始まった当時は漫画が、『巨人の星』だったのです。
当時人気の球団だった読売巨人軍に入団するために、親子で、努力する漫画でしたが、今では考えられないほどのスパルタ物でしたが、毎回午後の6時頃からの放送だったと思いますが、外で遊んでいても、必ず家に上がりテレビの前にいたことを思い出します。
その影響で、今60歳を過ぎても野球をしているのかもしれませんね、そのくらい影響された漫画なのでした。
特に思い出すのが、大リーグ養成ギブスと言う器具を考えて、スピードボールを投げるようにしたのが、印象に残っています、自分も、そんなに、方が強い方ではなかったので、あのような器具があればよいなと思っていたものでした、そして、似たような器具で、エキスパンダーと言うのがありましたが、それを使い体を鍛えたことを思い出しました。そうして、一生涯野球漬けの、人生が始まったのです、ですから、今でも、野球は、技術論ではなく、精神論の方が、多いようです。
目指した読売巨人軍に入団して多くにライバルと戦いながら、巨人軍の、エースピッチャーになるのですね、その為に、いろいろな変化球を考えだしましたね、消えるボールもありました、今では笑い話のようなボールですが、今の時代フォーシームだとかツーシームだとか、スプリットボール、フォークボールなども、みなこの様な、いかにバッターを打ち取るかを考えたことは、同じではないでしょうか、今でも、握り方を少しづつ変えながら更なる新しい変化球が生まれてくるのでしょう、野球好きが思う、未来のの大投手で、大打者になりうる素材が、今の大谷翔平なのではないでしょうか、星飛馬を越えることが出来るかもしれませんね期待しています。http://xn--lbke0fpz2cvb1h3e6jxc.jp/

小学生の時によくマネして遊んだアニメのヒーロー

テレビアニメの影響で、小学校から帰ってよく弟とやっていたのが、〝キン肉マンごっこ〟です。
1983年?1986年に日本テレビ系列で放送されていたキン肉マン。

ブタと間違えられ捨てられて地球にやってきた、キン肉星の王子〝スグル〟が仲間たちと出会い、様々な超人たちと闘いながら友情を深めていくというストーリーなのですが、当時子どもだった私は、見事その世界観にハマりました。

まず、主役なのに全然格好良くないというところに、共感できるものを感じました。
そして、次々と登場するヘンテコなキャラクターたち。

意地悪だったり、ズルかったり、すごく怖いんだけれど、意外とマヌケだったり・・・。
そんな、どこか憎めないところのある超人たちになりきって遊ぶのが、当時、本当に楽しい遊びでした。

バスタオルを服の首の後ろに洗濯バサミで止めてマント代わりにしたり、おでこに〝肉〟とサインペンで書いたりして、弟とプロレスごっこです。
弟も、〝バッファローマン〟という超人のまねをして、新聞紙で作ったツノを頭につけて向かってきました。

他にも、ラーメンマン、ウォーズマン、ベンキマンやブラックホールマン、スプリングマンなど、なりきる超人を替えては遊びました。
いやぁ、のどかだったなぁ。
弟との楽しい想い出です。

そして、いい大人になった今、キン肉マンとまた、再会してしまいました!
キン肉マンのスマホゲーム、〝マッスルショット〟です。

当時マネしたキャラクターたちが、二頭身くらいの可愛いキャラクターとして登場します。引っぱるという、操作が簡単なこと、キャラクターの可愛らしさ、ランクが上がる嬉しさ、ガチャを引く楽しさ・・などからすっかりハマってしまいました。

あまりにも私がキン肉マンが好きで、子どもにもDVDを借りてきたり、マンガを貸したり、Tシャツを買ってあげたりしているうちに、子どもも今や、かなりのキン肉マンファンです。女性のヒゲは脱毛で解決しよう

意志の力で人生を拓く大切さを教えてくれた、「女帝エカテリーナ」

ベルサイユのばらで有名な池田理代子さんの作品で、「女帝エカテリーナ」が大好きです。
ロシアに君臨した女帝、エカテリーナ二世の生涯を描いた作品です。
ロシアの女帝とはいうものの、実は彼女はロシア人ではありません。
ドイツの片田舎の小貴族の娘で、ピョートル大帝の孫・ピョートル三世の妃候補としてロシアにやってきたことから、彼女の運命が大きく動き始めます。
将来の妻としてピョートルの気を引こうと努めるものの、暗愚で精神的に何ら優れたところのない人物であったピョートルは彼女に応えず、やがて夫婦になっても彼女を疎んじます。
夫に顧みられず、かといって故国に帰るわけにもいかず、進退窮まる状況の中で彼女は刻苦勉励し、いずれこのロシアの全ての権力を自分のものにしようと決意し、長年の苦労の果てに本当にそれを実現するのです。
もちろん漫画ですから多少の事実の誇張はあると思いますが、しかし彼女の生き方には大いに考えさせらるものがあります。
普通の女性なら寄る辺ない身の上で、夫に相手にされないという絶望的な状況の中で二進も三進もいかなくなってしまいますが、エカテリーナは有り余る時間を読書に費やし、また自分の周りに知的で人格的に優れた人物を配置し、自分を知的にも精神的にも高めてゆく努力を忘れません。
一方の夫は自分の持って生まれた地位の上に胡坐をかいて何の努力もせず、ただ向上心溢れる妻を疎ましいと思うだけで、その上愚かにも彼女をあの手この手で遠ざけたり屈辱的な目に合わせさえします。
そんな二人の人間としての差が、人生半ばで暗殺される夫と、ロシアに君臨する妻という大きな立場の差を生んだと思います。
女帝としてロシアに君臨した時エカテリーナは33歳でしたが、帝位についた後は誰に制限を受けることもなく政治の世界に没頭します。
そして西洋文明に遅れた未開の地であったロシアに文化の種をまかんと努力し、また度重なる戦争によってロシアの版図を広げ、多大な貢献を成し遂げるのです。
ロシア人ではないのにロシアの皇帝となり、自らがロシアを体現する人物となろうとした彼女の努力が本当に常人離れしていて印象的です。
しかし作中彼女の言う通り、人の上に立つものは意志の力で何でも成し遂げていけるものかもしれません。
単なる女性の成功物語としてではなく、自分に何ができるか、可能性を常に自分に問いかけることの大切さを教えてくれた漫画です。結婚したいので婚活しようかな

今日もいつも通りの就活で収穫無し。

今日から6月に入った。今月こそ仕事決めて就活に生活保護受給からの生活から脱出して自立しようって思って半年の時間が過ぎた。この間に求人サイトに応募したのは2社だけで両方とも不採用でした。やはり年齢制限やマイカー通勤必須のところが多いのでなかなか希望条件にあったところがない。それに輪をかけてケースワーカーからは今月中に仕事決めて自立するのが目標って言われるし就労支援者からは今月中に1件でもいいから求人に応募しましょうって言われてプレッシャーになってる状態だ。ケースワーカーはともかくとして就労支援者とハローワークの生活保護担当者はなにかノルマがあるのかどうかわからないけどちょっとしつこい部分ある。正直こちらの分からないことできないこと手の届かないことをやってほしいです。こちらのわかることできることやってもらっても意味がない。もう少し考えてほしいものです。そもそもケースワーカーと就労支援者とハローワークの生活保護担当者は連携が取れてないからだから困る。就労支援者とハローワークの生活保護担当者は連携取れているけどケースワーカーと連携取れていない。ここはなんとか上手くやって連携取ってほしいです。毎日ハローワーク行って就活しているのに仕事がない現状がイマイチ就労支援者とハローワークの生活保護担当者には理解できてないような気がする。ただ単にハローワークに出てる求人から適当に見繕って出されてもこちらとしても困る。来週金曜日に就労支援者とハローワークの生活保護担当者と面談だあるので何かしら良い結果出ることを期待する。彼女欲しい|僕が彼女をゲットした成功した戦略と考え方とは?

子育てに追われて自分の修復を怠ってしまうと次爆発してしまうので注意が必要

私も女性ですから、通常、綺麗でいたいですし、高名アクトレス様みたいになりたいと、テレビを観ながら想う通常だ。
年さんのところはエステにプラスだせても、ボルテージあがって無事でしたが、今は、プラスの心配です。
もう、ファンデーションを貰うのも迷いますよ。
そりゃ、ウェディングしたての最初の頃は品名雑貨のイロハ化粧品集まりを使っていましたが、現時点じゃ困難困難。
だって、こどもが3人もいるんです。
女児も男子もいらっしゃる。
女児は、の場合学徒にハイスクール、もうオシャレお気に入り時期の時世で、衣裳うちとっても粘りでて来る。
また、男子も小学校ですが、ワンピーク部分に容量が変わってきています。
もちろん、子供達は食べ盛りでもあります。
「胴空いた」刺激なんてお決まり。OFFともなれば、三食+お者+夜食の身辺だ。
そういった私のどこに、オシャレして、たっぷり美容に手をかけるウンザリと稼ぎができるのさ~と喚きたくなります。
なので、何時の間にやら、普段使いにはBBクリームを、ちょっとの買物くらいなら許されるだろうと思うようになりました。
また、いつか使っていた品名雑貨のイロハ化粧品は諦めて、一つゲルに変更しました。
そしたら、毎日が安心~。あ、でも決して女を捨てたわけじゃないですよ。
一つゲルで安くすませて掛かる分、けちけちせずに、たっぷり保湿して、素晴らしい肌の現状を受領。
後はストレスを溜めないようにする事ですね。
子供達よ、女房も女だ。最低限の女性らしさはもたせて下さい。
旦那さんには最近たるんだお腹がひどいので、スレンダーマッチョプラスという加圧シャツをプレゼントしました。
これで出来る事なら結婚前のあのスラっとした体型に戻ってくれたらいいんだけど…